朝香友博のKabuKate⁺

株式投資の糧/プラスとなるBlog[カブかてプラス]

MENU

【気になるMemo】6月5日に備忘録したニュース

f:id:Team-asaka:20190604214250p:plain

 

世の中の

既存メディアで気になったニュースを

スマニュー的な感じで備忘録しておく記事。

(不定期企画・随時更新あり。朝香セレクトのシェアまで)

 

【市場反応】米5月ADP雇用統計、9年ぶりの低い伸び

zai.diamond.jp

⇒また円高進み、現在107円90銭近辺(21:50)も、株は利下げ観測強まりNYダウ先物は小高く推移 

 

米利下げ観測で105円視界に

jp.reuters.com

⇒また日本株だけ置いてけぼりか?

 

野村さんの指数だとリーマン前夜に類似

www.bloomberg.co.jp

⇒Yes、

色々類似が出てきているので、注意喚起の新刊を3月に出しましたよ。

しかし保険的なスピーディー利下げは、

こちらも書籍にも記載済みでしたが

パーティーを生むかもしれないので、

今月・来月のFOMC後の正式アナウンスが待ち遠しい。

 

利下げでLet's Party?

www.bloomberg.co.jp

 

丸亀製麺、都市部でのカンフル剤販促になるか?

www.nikkei.com

これは国内にいる間に足を運んでみたいと思います。

 

中国ユニクロでの珍事

news.livedoor.com

⇒四半期決算にプラスなんだろうけど、

米中対立で中国が日本製ボイコットという悲観的シナリオのなった場合、

ユニクロ(ファストリ)やピジョンに影響多大になるかもしれない

心づもりはしておく

 

 

さっぱりしたウルグアイ産の赤身ステーキ

www.nikkei.com

個人的には赤身、さっぱり好きなので食べてはみたい。

関連銘柄:ブロンコビリー、日本ハム。

たしか、いつぞやのWBSでもやっていたネタ。

 

半導体市場、今年12%の急減

www.nikkei.com

今年の落ち込みはすでに市場も織り込んでいるような気がするが、

注目すべきは20年の市場規模見込みが18年よりも小さいという事。

半導体回復時期「よくわからなくなってきた」? - 朝香友博のKabuKate⁺

 
 

 

主要国の輸入制限額6倍 

www.nikkei.com

⇒さあ、パウエル議長。利下げハッスルの2019年下半期にして、

米経済好調で世界経済を支えつつ、政権の安保政策を支えてください!

豪中銀の約3年ぶりの利下げに続け~!

 

 

天安門事件から30年で追悼集会

www.sankei.com

 

一方で、

政府は追悼活動締め付けで強国建設にまい進

 

米国のファーウェイ締め付けにやりすぎだという方、

中国ではNHKの天安門事件のニュースが流れようとすると画面が黒くなり、

グーグルは使えず、

報道と言論の自由は西洋社会からみればないと言えます。

(報道は各国共に規制はあるし、言論はツイッターなどのネット炎上もあるけど、

中国の場合は明確な規制)

 

そこは仕方がないことで、

ファーウェイ締め付けはやりすぎってのは

中国が世界経済の覇者になった時に、

そんな政府管理の社会風潮を受け入れるのだろうか。

 

むしろオバマ大統領が野放しにし過ぎたんでは。

人権問題の観点から本当になんとか管制社会の世界浸透を阻止するには、

議論でダメで武器は使わないなら、

あとは金勘定の部分をいじるしかないだろうよ。

 

とはいえ、

中国、特に上海には多くの友人がいて好きなので、

嫌中という論調ではないのであしからず。

 

投資も政治も私の基点は、

日本の国益にかなうか、損なわないか、未来に希望が持てるか、

安全保障の観点からは中国の友人たちには耳の痛いこといってすいません。

 

 

ASEAN製造業PMI、18年8月以来の好調数値に

5月の東南アジア諸国連合(ASEAN)製造業PMI(購買担当者景気指数)は50.6と前の月に比べて0.2ポイント上昇した。上昇は3カ月連続で、2018年8月以来の高い水準を付けた。新規受注が生産の拡大につながる好循環を維持している。

www.nikkei.com

昨日のニュースであれですが、

ASENANは中小含めて進出している日本企業のすそ野が広いので、

いいこといいこと。

 

 

米中利下げ期待

jp.reuters.com

 

 結局、米株全面リスクオンでダウ500ドル超高

www.jiji.com

相場観を更新

『大化け株投資』 のすすめ 相場観とポジションフォロー(ひとこと)

 

新たな金融緩和策をMake up検討

www.nikkei.com

 

 FRBは世界的な貿易戦争などに起因するリスクに「適切に」対応する

www.bloomberg.co.jp

jp.reuters.com

パウエル発言を受けた反応は⇒

「予想よりもややハト派的、利下げは早くて7月、9月の公算大」

(R.Wプレスプリッチの国債・エージェンシー債トレーディング部門責任者ラリー・ミルスティン氏)

「利下げバイアス強まる可能性」

(ノバポイントキャピタルCIOジョセフ・スロカ氏)

「今月はやや時期尚早と考えるが、6月利下げも不可能ではない」

(BMOキャピタル・マーケッツの金利ストラテジスト、ジョン・ヒル氏)

  • ダウ400ドル超上昇、ナスダックも2%以上の上昇
  • ドル円は円安進む(108円30銭程度)
  • VIX低下
  • 原油先物上昇(6月5日日本時間0:50頃時点)

 

this.kiji.is

テクニカル的にも

反発する位置として良かったのもあると思いますが、

今のところ想定された反応を市場は見せています。

 

景気減速に先手

www.nikkei.com

先手の利下げはいいと思いますよー

 ↓

※1高まる利下げ観測を受けての朝香のコメント収録(6月4日朝時点)

『大化け株投資』 のすすめ 相場観とポジション⁺利下げ観測の高まりを受けて

 

※2直近刊65ページ参照。

さらば10倍株、短期で狙う2倍株;景気減速局面での大化け株の見つけ方、狙い方

上記※1は※2を近況にアジャスト

 

※参照

【米利下げか利上げか】どちらかのアクションが起きる潮目の変化を短中期的に欲したい - 朝香友博のKabuKate⁺

 

 

 

 

 

<こちらの記事も>

【気になるニュースMemo】~2019年6月4日まで

金利逆転は株高サインの歴史 - 

 

  

<景況感を見定めて、大化け株と対峙していく> 

さらば10倍株、短期で狙う2倍株;景気減速局面での大化け株の見つけ方、狙い方

さらば10倍株、短期で狙う2倍株;景気減速局面での大化け株の見つけ方、狙い方

 

 

 

<説明ベタな私の書籍の理解を深めてくれる本>

一番売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 上級編

一番売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 上級編

  • 作者: ダイヤモンド・ザイ編集部
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2010/03/19
  • メディア: 単行本
  • クリック: 11回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

〇株で成功する鉄則1

景気サイクルのどの位置にいるかによって投資スタンスを変えよう

〇株で成功する鉄則2

銘柄選びは業績・割安さ・チャートの3条件と定性分析や財務諸表もチェック

〇株で成功する鉄則3

リスク管理は資産を分散させることと、有望な「控え銘柄」を持っておくこと 

(「Zai株入門上級編」178~182ページより参照) 

私とは投資基準や全体市場の判断に使う指標などの

違いはありますが、

押さえるポイントの方向性が

私の書籍のわかにりくい部分を理解する

補填資料になると思います。

 

 

<大化け成長株投資の参考に> 

ケン・フィッシャーのPSR株分析 ――市場平均に左右されない超割安成長株の探し方

ケン・フィッシャーのPSR株分析 ――市場平均に左右されない超割安成長株の探し方

 
10倍株投資の実践理論―明日のスターバックスを発掘する方法

10倍株投資の実践理論―明日のスターバックスを発掘する方法

 
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け

ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け

  • 作者: ピーターリンチ,ジョンロスチャイルド,Peter Lynch,John Rothchild,三原淳雄,土屋安衛
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2001/03/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 8人 クリック: 68回
  • この商品を含むブログ (47件) を見る
 
いま仕込んでおくべき10倍株、教えます! 【袋とじ付き 10倍株特選3銘柄】

いま仕込んでおくべき10倍株、教えます! 【袋とじ付き 10倍株特選3銘柄】

  • 作者: 朝香友博
  • 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2017/02/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
6つ目の法則10倍株?なぜ、ファンコミュニケーションズはテンバガーになれたのか?

6つ目の法則10倍株?なぜ、ファンコミュニケーションズはテンバガーになれたのか?

 

  

 

 

プライバシーポリシー