朝香友博のKabuKate⁺

株式投資の糧/プラスとなるBlog[カブかてプラス]

MENU

【シャンゼリゼ通りデモ禁止翌週のカフェ・ビストロや凱旋門】それでも、花の都パリは強かった!

2019年3月末パリ凱旋門

 

シャンゼリゼ通りデモ禁止翌週のカフェ・ビストロや凱旋門など

 

目次

 

こちらのフォトは

3月末日曜日のパリ・シャンゼリゼ通りからみた

凱旋門の様子です。

f:id:Team-asaka:20190404230952j:plain

 


 

2019年3月16日、

シャンゼリゼの名物カフェが

「黄色いベスト」デモで放火され炎上し、

www.sankei.com

 

その翌週には、

シャンゼリゼ通りでのデモは禁止となりました。

www3.nhk.or.jp

 

わたしがシャンゼリゼ通りを訪れたのは、

デモ禁止となった直後の週末というわけです。

 

日本でニュースを見ていると、

いまパリなんて行くもんじゃないという声も散見され、

実際に観光業に打撃も出ているとの報道もありますが・・・

 

 

デモ炎上事件後も活気あるパリ・シャンゼリゼ通り

デモ炎上事件後も活気あるパリ・シャンゼリゼ通り

実際のパリ・シャンゼリゼ通りは、

デモの暴徒化などに負けずにこんなに活気がありました。

 

パリシャンゼリゼ通りZARA前の群衆

ZARAの前で、

ストリートパフォーマーに足を止める大勢の人々。

 

 

一方で観光客の安心材料としての厳戒態勢の警備も

銃を持ったポリスが普通にシャンゼリゼ通りを歩いていた

銃を持ったポリスが普通にシャンゼリゼ通りを歩いていたし、

 

 

銃口を立て厳戒態勢でパリ観光経済の失速防止

万が一に備え、

銃口を立てての厳戒態勢で

パリ観光経済の失速防止というわけです。

 

 

確かに暴徒化・炎上の惨劇となったデモの爪痕はくっきり残っていた

暴徒化・炎上の惨劇となったデモの爪痕(パリH&M)

ファストファッションH&Mの表玄関の脇のガラスは

無残なまでに割られ、

 

 

暴徒化・炎上の惨劇となったデモの爪痕(パリMONOPRIX1)

高級スーパーMONOPRIX(モノプリ)の

正面玄関窓ガラスもひび割れており、
 

 

暴徒化・炎上の惨劇となったデモの爪痕(パリMONOPRIX2)

脇のガラスも

何か所も割られていました。

 

 

 

暴徒化・炎上の惨劇となったデモの爪痕(パリ閉鎖ブティック)

通りの対面のブティックは、

被害がひどく、木版でふさがれており、

営業ができていないお店もありました。

 

 

 

それでも、花の都・お買い物天国のパリは強かった

パリシャンゼリゼ通り・カルティエ

その厳戒態勢のおかげで、

安心してブティックでお買い物できる雰囲気がありました。

 

日本人はもちろん、

世界でも人気の高級ブランド「カルティエ」にも、

ゆったりと笑顔で出入りする買い物客の風景を見ることもできました。

 

 

 

パリシャンゼリゼ通り・Bisto des Champsテラス席

この日の天気は

20度を超えた晴天で最高に気持ちよく、

半袖の人も見かけました。

 

気候が心地良かった事もあって、

ビストロカフェ「CHAMP」のテラス席も

満席でウェイティング状態。

 

そこにはデモの暴徒を超え、

人々を魅了するパリの不変価値が

垣間見れた週末になりました。

 

  

 

 

 

朝香のあとがき

 

もし、

「パリ株式会社」というものが仮に上場していたとしたら、

おそらく一時的な悲劇要因で普段よりは観光客が少ない、

すなわち株価があれば急落しているであろう時こそ、

こういう底力と時代を経ても変わらぬ

花の都、芸術の都、食の都パリという高い価値をもった

「パリ株式会社」を買う時なのだと思います。

 

そういう気持ちで入店して、

クロックムッシュを食べたのが、

先ほどテラスが満席だった

Bistro des Champsのシャンゼリゼ通り店。

www.bistrodeschamps.com

 

通りで

クロックムッシュ(1910年にフランスのオペラ座近くのカフェで作られたトーストの一種)の看板

が目立っていましたが、

パリシャンゼリゼ通り・Bisto des Champs看板

 

 

この看板よりも先に、

ここもがっつり

窓ガラスが割られていた外観が

目に入って来たんです。

パリシャンゼリゼ通り・Bisto des Champs外観1

 

Oh,正面に回ったら

正面入り口まで割られている・・・

 

パリシャンゼリゼ通り・Bisto des Champs外観2

 

だから、

わたしはここで食事をしに

立ち寄ることに決めました。

 

パリ株式会社の株価は仮の話ですが、

せめてデモ暴徒化の被害にも負けず

頑張って営業しているのを見ると、

(パリっ子はデモには長い歴史のうえでは慣れっこみたいですが)

 

元々行きたかったお店はまたにして、

その日はここで食事していこうと

思ったわけです。

 

Bistro des CHAMPSのクロックムッシュとクロックマダム

パリシャンゼリゼ通り・Bisto des Champsクロックムッシュ

クロックムッシュ

 

 

パリシャンゼリゼ通り・Bisto des Champsクロックマダム

私はそれに卵を乗せたクロックマダムを

おいしく頂きました。

 

 

パリシャンゼリゼ通り・Bisto des Champs店内

店内の様子

 

ちなみに場所はこちらです。

 

シャンゼリゼ通りの凱旋門寄りにあります。

天気が良かったのでぜひテラスで食べたかったのですが、

次の用事があって、

ゆっくり時間を過ごすことはできませんでした。

 

通りかかって割れたガラスをたまたま目にし、

「応援食事(あくまで勝手な個人の心の中の気持ちですが)」

と思って入った(店内なら待ち無しだった)ので、

 

次回は

テラス席でゆっくりとカフェとしても

楽しみたいものです。

 

【他の記事もいかがですか】

SNSで話題の「いきなりステーキを殺す店」と評判?のステーキ屋松が気になる

 

  

 

 

 

プライバシーポリシー